スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第4話の感想

神のみぞ知るセカイ
10 /29 2010
桂馬の落とし神たる所以がわかった気がする、神のみぞ知るセカイ第4話の感想です。



一度はじめたゲームは何が何でもやり遂げる。たとえバグがあろうが、製作会社がつぶれていようがすべての選択肢を試してみるというなんとも途方もないような考えに至る。それくらいでないと、こんな称号は得られないのですね。



ひとつのものを極めるというのはそういうことかもしれません。



たとえそれがギャルゲーでもひとつのものを極めようとする彼なら、別のことに対しても対応できそうです。

実際桂馬の場合は現実の女性を落とすに対応してますし、それ意外でも頭の回転の速さだってり、忍耐力だったりと秀でた部分も多々ありそうです。



ただなんで今回本筋とは少し外れるこの話をはさむ必要があったのか。



桂馬の本質を紹介するエピソードが後々生きてくる場面が来るのか、それともヒロインの数と話数を考えてのつなぎなのか。それとも一休み的なギャグ回なのかわかりませんが、できれば1クールの作品なら尺があまることはないと思うのでヒロインエピソードを進めるなり、掘り下げるなりしても良かったのかなとは思います。



神のみぞ知るセカイ 4 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 4 (少年サンデーコミックス)
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

桂馬のギャルゲー愛はこんなものではない、変態っぷりがいかしきれてない



分割2クールです

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。