スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻っている 第4話の感想

アニメ感想
10 /30 2010
答えがひとつの爽快さより、幾通りの答えがあるあいまいさの方がいいと思ってしまう、それでも町は廻っている第4話の感想です。



今回は先生回ということで、意外にも歩鳥は本当に森秋先生がお気に入りのようです。それに対し先生ときたら、はたから見るとかまっているように見えますが、実際は天敵と思うほど苦手なようで、それというのも彼女の行動が理解できず振り回されっぱなしだからです。手のかかる子ほどかわいいといいますが、森秋先生のようなまじめで論理的に物事を考えるタイプだとただ単に心労が原因になるようです。この分だと歩鳥の恋は成就することはないでしょう。



そんな森秋先生はまじめさが受けるのか意外にもモテるようです。過去にも生徒に告白されてるのですが、この辺の話の持っていき方などはおもしろいなと感じました。全体的に今回は良かったです。



思ったより先生ネタを引っ張ってますが、今後も先生を巡る歩鳥と西先生のバトルなんかも出てきそうですね。キャラに個性がありすぎるので誰がが登板しても今回を見る限りおもしろく仕上げてくれることは間違いないでしょう。今後も期待できます。



それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。