スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第5話の感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
11 /01 2010
父親攻略よりかなりハードルが高かった、俺の妹がこんなに可愛いわけがない第5話の感想です。



世間一般のオタクに対するイメージなんてあやせの持ってるのもとさほど変わらないんでしょうね。あやせ自身は本当に桐乃のことを心配しているんでしょうが、頭からすべてを否定されると見てるこっちもちょっときつくなってきます。確かにいかがわしいものもたくさんあるんですけど、それと同じくらいいい作品もたくさんあるんです。別にすべての人に受け入れてもらえなくても、自分のしかも親友と言えるくらいの友達が好きなものくらいはほんの少しでもいいから、好きになれとはいいませんが、理解しようと努力することぐらいはしてもいいのかななんて思います。まあ中学生ぐらいだとなかなかできないことでしょうね。



よりにもよって親友にオタクの趣味がばれて落ち込んでる桐乃なんですが、ひとついいところ発見。部活の合宿のシーンを入れたことで彼女がきちんとした考えの持ち主であるとこを見せたのはよかったです。ただ京介に対する悪態の数々を緩和するにはまだまだ足りないような気はしますが。



そんな兄に対してかなり厳しい態度の桐乃なんですが、今後の展開のポイントであろう本音を発しましたね。京介と桐乃の関係が冷え切ったものになったのは、京介自身にも原因がありそうな雰囲気です。彼自身は何も気付いてないか、覚えてないんでしょうけど、何やら地味子さんも関係してそうですし、この3人の間でどんな出来事があったのでしょうか。とりあえず、妹にかまってもらえることがうれしくてしょうがない京介はまたしても、自分の身を犠牲にして親友との関係修復に身を粉にするのでありました。



最後に黒猫氏と沙織氏があまりに空気の読めるいい子すぎるということは、今まであんな嫌な思いをたくさんしてきたんでしょうね。黒猫のなんかやりきれない表情がちょっと切なかった。



「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 3Dマウスパッド
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 3Dマウスパッド
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。