スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨスガノソラ 第5話の感想

ヨスガノソラ
11 /02 2010
ルート分岐の進め方はもしかしてけっこうありかもなんて思ってしまったヨスガノソラ第5話の感です。



今回のヒロインはアキラということで、冒頭でいきなりカズハと腹違いの姉妹だと告白します。アキラの秘密を知ったハルカは幼いころの記憶を思い出し、一緒に遊んだときになくした母の形見を探そうとアキラを連れ出します。しかし年月がたった今その場所は姿を変えているのでした。やはりアキラに関しては母親を中心に家族の問題が主軸のようです。



この方向性はいいんですが、ヒロインに昇格したアキラが今までの感じと違ってけっこう積極的にハルカに近づいてますね。この辺は少しもったいない気がします。時間の関係上おそらく次でアキラルートが終わりそうなのでしょうがないんでしょうけど、どうしてもすべてが薄く感じてしまします。せっかく深い背景が見えそうなキャラなのに心情の変化なんかを描けないのは残念です。



これは原作で補完してということなのでしょうか。



確かにルート分岐の手法はおもしろいし、お得感もあるんですけど、短すぎると浅い印象しか残りません。



今回もたくさんセーブポイントらしき場面がありましたが、ソラルートはぜひ話数を取ってやってもらいたいです。じゃないとこのままいったら本当にただのエロアニメになってしまいます。



せつない恋に主を置いた心理描写を描いたストーリをこの作品のソラルートで見たいものです。



ヨスガノソラ 初回限定版
ヨスガノソラ 初回限定版
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。