スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第5話の感想

神のみぞ知るセカイ
11 /05 2010
今回の標的は今までと趣が違いアイドルということでなにやらハードルが高そうな気がする神のみぞ知るセカイ第5話の感想です。



冒頭の歌番組の賞レースなんか見ているエルシィはすっかりこちらの生活を満喫しているようです。アイドルのリボンをまねてみたり、一人のときに振りまねをしてお母さんに見つかってるところなんかは実にかわいくて良かった。もちろん桂馬はそんなエルシィを尻目に、劣化しない2次元アイドルの素晴らしさを熱く語ってました。確かに実に説得力があるので、こっちの方がいいなと納得してる自分がいるのはどっぷりアニメにはまってしまってる証なんでしょう。ようやく自分もここまで来たか思う次第です。



そんな悪魔のエルシィでさえかわいいと思ってるアイドル中川かのんが実は桂馬と同じクラスで、しかも

今回のターゲットです。駆け魂の持ち主だけあってどこか病んでるようで、アイドルの自分を知らないことにとてつもなく不安があるみたいです。



このへんが攻略のポイントでしょうかね。



その異常なまでに自分の認知度を気にする彼女ですから、3次元に全然興味がない桂馬をみて向こうから近づいてきています。桂馬サイドとしてはすでに攻略のための作戦に入っていて、向こうから来る時は、とりあえずステイということで動きを見せません。ただ興味がないだけかと思わせておいて、このあたりはさすがに落とし神を異名はだてじゃない。次回は桂馬がどんなアプローチで彼女が抱えてる不安の原因から解き放つのか楽しみです。



神のみぞ知るセカイ DVD付限定版 10 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ DVD付限定版 10 (少年サンデーコミックス)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。