スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとめ妖怪ざくろ 第8話の感想

おとめ妖怪ざくろ
11 /24 2010
いつもと違う組み合わせは、それぞれの相棒を思いやる気持ちをより鮮明に映し出す。おとめ妖怪ざくろ第8話の感想です。



今回はたまたま外に出ていた総角と薄蛍が以前からざくろを狙ってた2人組に連れ去られます。これを知ったざくろとリケンが助けに向かいます。あまりこれまでこの組み合わせで会話をするシーンはなかったので非常に新鮮でした。さらわれた状況なので仕方ないのですが、出てくる言葉はお互いの相手の心配ごとばかり。普段ペア同士の間では聞けない相手への気持ちを聞くことができて、違う角度からそれぞれの登場人物の関係を捉えられるこのような会話もいいもんですね。



さて徐々にではありますが、敵側の素性も見えてきました。総角と薄蛍をさらった二人組も半妖、で同じ半妖であるざくろえを誘い出すのが目的だったようです。彼女を言い分を聞くに人間でもなく、妖怪でもない中途半端な存在で、どちら側にもつけず、孤独な生き様を強いられていたように感じられます。それを同じ半妖でありながら仲間も大切な人もいるざくろに強い妬みや嫉妬をもっていてそれが敵視する理由のようですが、それだけではないような気がします。まあ逆恨みしているように見えますが、この辺は実はやられてなかった女郎蜘蛛の妖怪に上手く唆されているのみたいです。この妖怪の後ろにざくろの母が見え隠れするような状態といったとこでしょうか。



最後に無事総角が戻ってきて安心したのか、ざくろの感情があふれ出ていました。些細な約束のために命を落としそうな目にあったのに、何事もなかったように約束の品物をだすあたりに腹がったのでしょう。これは本気で心配しているからその感情が生まれるわけで、泣きながらいつもの口調で強がる彼女が非常に可愛く見えました。このあたりは彼女のキャラにブレがなくていいですね。そこでそっと抱く総角にもいつもと違う勇気が見えて、また一歩二人の距離が近づいたのかなと感じたシーンでした。



おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
おとめ妖怪ざくろ 3 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。