スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録II 第9話の感想

とある魔術の禁書目録II 
12 /05 2010
ついに上条さんの怒りを買ったオリアナ・トムソン。次回説教&グーパンチが炸裂しそうな雰囲気の、とある魔術の禁書目録II第9話の感想です。



科学サイドの上条さんにとってはことの重大さがイマイチピンときてなかったようです。土御門が一応説明してましたが、運び屋のオリアナの胸に目を奪われているくらいだから学園都市で起こってる事件なので協力していますといった感じだったんでしょうか。しかし土御門とステイルの傷を追いながらも追尾している様子を目の当たりにして彼らの覚悟に気付きます。そんな大惨事が起こるかもしれないとわかってるんでしょうけど、それ以上に目の前で誰かが倒れることに納得がいかないのです。大事の前の小事として片づけられないそれがあの熱い説教に繋がっているような気がします。今回はちょっとそういうふうに見えました。そこでついに上条さんの身近な吹寄さんがオリアナの魔術の被害に遭います。彼女が上条さんをやたら気にかけてたのがここにきて活きてきます。上条んの怒りの心情が理解しやすくなっていて、非常に長いお決まりの独り言もなかなか熱い感じで見れました。



さて美琴の脳内がかなり上条さんのことで頭がいっぱいのようで、勘違いでひとり盛り上がっていました。Ⅱ期入ってからのデレ多めの美琴はいいですね。でも決して上条さんは美琴には自分から手を出さないような気がしまので、彼女の方から積極的にアプローチしていくのを見るのもいいかもしれません。



次回いよいよ戦闘に入りそうですが、土御門、ステイルだけでなく、吹寄が倒れる様を見てた美琴もこのバトルに参戦してもおもしろいのかな、なんて思っています。それにしてもOPさび前の1カット同様、作中での土御門さんもカッコ良すぎる。



とある魔術の禁書目録 ミサカ盛り (ノンスケールトレーディングミニフィギュア) BOX
とある魔術の禁書目録 ミサカ盛り (ノンスケールトレーディングミニフィギュア) BOX
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。