スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSICK─ゴシック─ 第1話の感想

アニメ感想
01 /09 2011
これはおもしろいです。いい感じで良作の雰囲気を醸し出しているGOSICK─ゴシック─ 第1話の感想です。



ストーリーは大戦後のヨーロッパを舞台にした推理ミステリーという感じですかね。登場人物の配置もわかりやすく、なんといってもヴィクトリカがかわいいときたもんだ。容姿とは似つかわない口調、それでいて行動は外見通りのかわいいしぐさや表情を見せるのだからこれは十分彼女を見るだけでも楽しめそうです。



しかもそれだけでなく事件の方も何やら本格的推理が楽しめそうな仕上がりになっているところがまたいいですね。冒頭シーンは最初は意味がわからないように見えて実は事件の導入だったところやヴィクトリカの推理のシーンからもそんな感じが伺えます。



またヴィクトリカ自身もまだ謎に包まれている部分が多いですし、彼女の知合った九城自身の心の移り具合なども今後見られると思うのでその部分も注目していきたいです。



いずれにしても最後の船に乗り込むあたりでEDというのもこれからどんな物語が始まるのかわくわくさせるひきで良かった。これは早くも今期スタートで1番になりそうな気がします。



GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
GOSICK―ゴシック (富士見ミステリー文庫)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。