スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 第1話の感想

放浪息子
01 /18 2011
淡い映像がとてもきれいでした。放浪息子第1話の感想です。



異性だったり同性だったり、他人だったり自分だったりと周りのものすべてに意識が敏感になるのが中学生くらいの時だと思います。特に周りと違う自分というものに大いに悩む年頃なのです。そしてその悩みはひとそれぞれ違うし、大小様々で時にはどうしようもなかったりします。そんな中この作品のテーマは思春期の一過性の悩みで片づけられらないむずかしいもの扱っているようです。



1話を見る限り主人公を中心にその周りの人々の心情描写などしっかり見れそうで、その淡く柔らかい映像が今までこのようなテーマを意識していない人にもすんなり入っていける雰囲気を出しています。話の展開がどのように進むかわかりませんが、いろいろ考えさせられるものになることは間違いないでしょう。久々にこのようなメッセージ性のがあるアニメに出会えたのでしっかりと見続けたいと思います。



放浪息子 (1) (BEAM COMIX)
放浪息子 (1) (BEAM COMIX)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。