スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON episode.7 あきらめちまえよ の感想

君に届け
02 /23 2011
鈍感は罪。君に届け 2ND SEASON episode.7 あきらめちまえよの感想です。



風早の影にくるみちゃんあり。ということで今回は彼女の存在感が際立ってました。いくら爽子といえどくるみの言葉には少しは感じるものがあったはずです。もちろん彼女としては敵に塩を送るつもりなどさらさらないとは思いますが、風早がつらい顔をしてるのをみるのが耐えられないんでしょう。自分じゃ彼を笑顔にできないのに、その権利をもってる爽子が何も掴もうとしない姿が許せなったんだと思います。まっすぐで嫌がらせにも屈せず、正攻法な以前の爽子なら少なからず認めざるを得ない部分もあったはずです。ですが今のこの有様では二人の好意をわかっていて告白した自分を後悔すらしてしまう、そんな気持ちでいるんではないでしょうか。くるみが風早を思う気持ちが爽子を前に進ませるというのは皮肉な気がしますが、せめて諦めがつくくらい完敗させてほしいと歯がゆい思いをしている彼女にとっては、このまま二人の関係が終わってしまうより少しはマシな気がしてるかもしれません。じゃないとくるみ自身も前に進めませんしね。



そして爽子は千鶴から感じる自分への好意を言葉にして伝えました。ゆっくりではあるけれど彼女も一歩踏み出そうとしていますが、ここでまたしても健人君登場です。もちろん彼も悪気はないようですがタイミングが悪いというか裏目にでているというかとりあえずこじれさせる原因には今んとこなっています。今回はかなり痛い思いをしたのでこの後の彼の言動も気になりますが、風早自身はもう自分から動くことはないでしょう。これからは爽子が自分で立ち向かうしかありません。そこでやのちんやちづだけじゃなく、健人も爽子の力になる存在であれば彼の立場もフォローできるかな。



とりあえず今回のくるみちゃんは好感度急上昇です。次回も楽しみですね。



君に届け VOL.4 [DVD]
君に届け VOL.4 [DVD]
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。