スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 第5話の感想

放浪息子
02 /28 2011
半分じゃ意味がない。放浪息子第5話の感想です。



結局脚本作りもみんなでやることになり、配役も見事ロミオは引き当てたものの、肝心のジュリエットは二鳥君ではありませんでした。彼女の祈りは結局届かず、なかなか思い通りにはいきません。



夏休み友達同士でひとつのものを作り、仕上げに花火でしめるとても楽しいそうな時を過ごしていても千葉さんの不機嫌な顔しか印象に残らないのは少しかわいそうな気がします。

それでも彼女の劇に対する熱意は非常に伝わってきます。堂々とやること、成功させることで何かが変わると信じているようにも見えます。ジュリエットを引き当てたマコちゃんの自信なさげな行動にははっぱをかけるところは素直じゃないけど優しさが見えていいですね。



そして最後にまたしても彼女がヒロインだと確信させるひきですよ。あの窓際のやりとりでますます彼女が魅力的なキャラに思えてきました。



放浪息子 もふもふひざ掛け 二人柄
放浪息子 もふもふひざ掛け 二人柄
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。