スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 第6話の感想

放浪息子
02 /28 2011
主役はマコちゃん。放浪息子第6話の感想です。



大成功に終わった倒錯劇。今回は各登場人物の個性がよく見えてとても楽しかった。ちーちゃんの素直さ、もものひがみ、相変わらずキツめな千葉さんや明るいささちゃんなど文化祭がそれぞれのテンションを2割増しぐらいしている感じです。



そんな中自分に自信がないマコちゃんもなんとか重圧を乗り越えることができました。そこには千葉さんの堂々とした態度と彼女なりの優しさが彼に勇気を与えたようにも見えました。二人は何気に本音を言い合える友達になってますね。いい関係が築けているようです。とにかく千葉さんの物言いが男前すぎます。



この劇をやり遂げたことで気持ちは一歩進んだように見えますが、それでも女の子になりたい二鳥君やマコちゃん、片思いの千葉さんの状況は進展してはいません。一区切りついたようにも見えるここからどんな展開が待ってるか楽しみです。



それにしても相変わらずEDの入り方は素晴らしいですね。また曲もいいんですよね?。なかなか複雑な心境を描いてる作品ではありますが、雰囲気が心地いいのが魅力ですね。



放浪息子 もふもふミニタオル 二人柄
放浪息子 もふもふミニタオル 二人柄
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。