スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュラララ!! 第4話の感想

アニメ感想
02 /01 2010






今回の話で分かったことは首なしライダーは妖精であるということ。



そういう設定だとすればこの物語は現実と幻想が入り混じった世界ということになる。



第一話の内容にはどんな仕掛けがあるのか楽しみにしていただけにこの設定は少し残念な気がする。



首なしライダーことセルティの存在だけが幻想なのかほかにもファンタジー要素が



多分に使われるのかによってこの作品の印象ずいぶん違ってくるような気がする。



なんでもありな話にだけにはなってほしくないな。



依然物語はキャラ紹介の段階を抜けておらず今後もまだキャラの掘り下げが続いていきそう。



いつストーリーが動くのか、いったい何を主軸に展開していくのかはちょっと期待はしています。





相変わらずナレーションベースで話が進んでいくけど、



第2話みたくある事象の裏側を違うキャラの視点で描くような展開だと面白いのになー。





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。