スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電波女と青春男  第4話の感想

電波女と青春男
05 /09 2011
ショルダーチャージの季節です。電波女と青春男 第4話「右腕骨折全治一箇月」の感想です。

39歳ぐいぐい来てますね。彼女のノリのよさがこの作品の好感度が上げています。いや全体的に女性の会話はなかなかテンポもいいのでそれをいかせない主人公のツッコミやモノローグが余計に際立っている状態なのですね。

言葉が数が多いのか、それとも日常会話で高校生が使わない語句を入れるのに違和感を感じるのかわかりませんが、今となってはもうこれあり気のものだと認識してます。まあなければなくて寂しいのかもしれませんしね。

それにしてもエリオが普通にしゃべるのをみて、その変わりようにも少し驚きはしました。だがしかし可愛さは倍増していますので特に問題はございません。そこに至る過程にドラマを求めたりしてはいましたが。

これで流子にコスさん、39歳を加えていとこをめぐる戦いが始まるのでしょうか。すでに彼はエリオに惹かれているみたいですけど、この先どんなイベントが待ってるのでしょう。

次回40代突入の彼女の生き様に注目です。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)
(2009/05/10)
入間 人間

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

電波女と青春男 第4話 「右腕骨折全治一箇月」

海へダイブした青春ポイントの代償は、右腕を複雑骨折でした(^^; そんな代償を払った甲斐があったのか?w 流子と前川さんが見舞いに来てくれただけじゃダメなのですか(苦笑) エリオが来なかったのが...

電波女と青春男 第4話 「右腕骨折 全治一箇月」 感想

和やかで電波な日常―

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。