スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルティクラウン 第1話の感想

アニメ感想
10 /16 2011
とって。

期待のノイタミナ枠オリジナル作品。キルティクラウン第1話「発生:genesis」の感想です。

下野紘&梶裕貴のRadio Misty ~はじめての公開録音編~ [DVD]下野紘&梶裕貴のRadio Misty ~はじめての公開録音編~ [DVD]
(2009/02/25)
下野紘、梶裕貴 他

商品詳細を見る




UN-GOといいさすが時代を先取りスタイリッシュ枠ノイタミナ。彼らのなかではすでに日本は終わっていたみたいですね。確かに今のお偉いさん達を見てるとなんか本当にサジをなげそうな気がして怖い。それに加えてこの経済の閉塞感からするに近い将来現実になってもおかしくなさそうな気さえしてきます。

さてここはひとまず現実に目をそむけまして話をアニメに戻しましょう。話題作にふさわしい作画は好評のFate/Zeroに勝るとも劣らない出来ですごいです。

初回ということで歌にエロにロボに出会いに適度に厨二と何やらいろいろ満載していてとても見ごたえがありまた。しかし歌を押しますね。もう少し控えたほうが逆に購買意欲を誘うようなと思わせるくらいの感じがしています。。それにヒロインのあの露出具合、しかも目隠しプレイまでしてしまっては今後期待せざるを得ません。結局のところすでに掴まれてるということでありますね。

まあ締めの映像とひきはさすがというとこでしょうし、ストーリー自体はまだなぞが多くどう転がっていくかは楽しみではあります。

画だけでも見る価値がありといえる作品になってるので今後も期待しましょう。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」おまとめ1ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」おまとめ1
(2011/09/23)
No Operating System

商品詳細を見る






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。