スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物語 第1話の感想

偽物語
01 /08 2012
たのしそ~だ。

偽物語 第1話 「かれんビー その1」の感想です。

偽物語(上) (講談社BOX)

新品価格
¥1,365から
(2012/1/8 20:33時点)


冒頭は安定のひたぎさん劇場。それにしても彼女の罵声がパワーアップしている。何かいいことあったのでしょうか。それとも阿良々木くんとの仲がずいぶんと深まったということなのかな。それは何よりおめでとうございます。もちろんこの掛け合いが前作化物語の1番の楽しみのだったのでゾクゾクいやワクワクしますね。ですがただ自分たちの性癖を満たすための監禁プレイということではなく、なぜそこに至ったかがこれから描かれるというわけですね。

もちろん八九寺いじりも犯罪ぎりぎりアウトなくらいひどいものになってます。ほんと彼女が怪異でよかったと阿良々木さんは感謝すべきです。ひたぎさんがいくら思い通りに攻めさせてくれないからといって小学生にそれを求めちゃいけませんね。まあ、おふざけをした後の寂しげな会話に1話にしてそのフラグは少し早いよなと思いつつ、この空気を締めるのには仕方ない演出なのかなとも思ってしまいます。

そしてなんといっても初絡みの月火ちゃん。いいですね~。かわいくもありエロくもあるあの感じ。別にパンツが見えたからというわけでなく気だるい雰囲気、和服に隠れきらないラインなど、もちろんヒスった声も含め撫子以上の破壊力です。偽物語はこちら方向に秀でた作品ということですね。

そのような方向が見えたということで印象としては阿良々木さんの変態っぷりしか映っていなかったというのは正解なのでしょう。それでもこの会話劇が毎週楽しめる阿良々木ハーレムには感謝しなくちゃいけません。。初回ということで作画の方も気合が入っていたし、EDがなかったの残念だけど期待せざるを得ません。

次回も楽しみですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

偽物語 1話「阿良々木暦は幼女好きの変態?」(感想)

多くの人が期待した化物語の続編。 怪異の話はとりあえずおいといて キャラクター同士の会話劇を楽しむ展開でした。 戦場ヶ原さんからは監禁プレイ。 妹の月火ともやり取りし、 八九寺真宵とも変態的なゲームで楽しむ。 阿良々木君のヤバさがてんこ盛りでした!  

偽物語 第1話「かれんビー 其ノ壹」 感想

変態の汚名を受ける勇気! 初回からもう本当に情報量が多くて喋る喋る。 暦やガハラさん筆頭に各キャラその持てる個性を存分に発揮したというか。 阿良々木くんの八九寺に対する変態行為の数々は充分通報ものだった、そんな初回。

偽物語 第壹話 「かれんビー 其ノ壹」

 かれんビーといいつつ肝心の火憐は?

偽物語 第1話「かれんビー 其ノ壹」

「勝手にひとりで大人になんないでよね。つまんないからさ」 ・アバンから阿良々木が誘拐される。犯人は恋人のひたぎ。 ・阿良々木は女の子の指を舐め回すのが好きな変態さん。 ・ここから拉致監禁に至...

偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壹」

▼ 偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壹」   蝶のように舞い、蝶のように刺す――!  どんな凶悪な蝶なんですかw  いきなり拉致監禁されてる阿良々木さん。 犯人は戦場ヶ原なのですが…? ▼ 偽物語...

偽物語 第1話 感想「かれんビー 其ノ壹」 

偽物語ですが、西尾維新の物語シリーズのアニメ化です。台詞やギャグ、パロディのセンスもよく面白かったです。阿良々木暦は、暗い部屋で縛られていますが、戦場ヶ原ひたぎがやって来て上から目線で見下してくれます。戦場ヶ原は「この水飲み鳥がっ!」と指についた一滴の...

偽物語 第1話 「かれんビー 其ノ壹」 感想

偽物か、本物か―

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。