スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュラララ!! 第8話の感想

アニメ感想
03 /04 2010


遅ればせながら第8話の感想です。今回のテーマは探し物です。セルティを中心にそれぞぞれの探し物のお話です。









ある休日のひと時を描きつつセルティの首への執着を強調するつくりになっています。やはりセルティの目的は首を見つけることでその気配があるから池袋にいるんだということを認識させられました。しかし少しではあるけれど新羅の存在も大きくなり始めてるのか、情が移ったのかは分からないけど気になっていることは確かだと思います。とはいえ首のないセルティが好きな新羅が首のことをあきらめさせることはかなりきびしい挑戦だと思います。それにしても首がないセルティがかわいいという気持ちがわかってしまうところがこのアニメの不思議なところです。対振る舞いやしぐさもあるんだろうけどやっぱり沢城さんの声が大きいのかな。静ちゃんと並んで首をかしげるとこは特に良かったです。





携帯電話



探し物の導入部分として携帯電話をもってきました。遊馬を探す狩沢。というのも遊馬の忘れていった携帯をもっていたからです。あわてる遊馬の様子がありましたが、確かに携帯電話をなくすと大変なことになりますね。悪用されるとか、個人情報が入ってるとかもあるんだろうけど何よりつながりが消えるということをここでは言いたかったのではないんだろうか。それだけ携帯というコミュニケーションツールに現代人は依存しているような感じがします。









実際には見たことないんだけど、メディア上でよく見かける嫌がらせですね。杏里の靴を一緒に探す帝人。そこで今まで見せたことないような楽しそうな表情で母と父の話をする杏里。あとで靴を見つけて杏里宅へともっていった帝人を迎えた杏里はさっき見せた笑顔の印象とは程遠いものでした。ここら辺の杏里の両親の話は今後掘り下げがされるのかな。





つながり



一応主人公帝人の探し物です。冒頭の探し物を携帯電話にしたのもこのためだと思います。つまりこの作品はまさにつながりでできてるものかもしれないですね。人と人とのつながり自体がこの作品のストーリーなんでしょう。それが1つずつ繋がっていく様を今後も楽しみにしたいです。







というわけでセルティの首の在りか明かされましたけどそこに至るにはどんな過程があるのか期待したいところではあります。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。