スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルムンガンド 第1話の感想

ヨルムンガンド
04 /12 2012
おとこじゃない。

ヨルムンガンド 第1話「ガンメタル・キャリコロード」 の感想です。

ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)

新品価格
¥560から
(2012/4/11 21:13時点)



ガンアクションに駆け引きが肝となるストーリー展開。久しぶりな気がするハードな作品に感じました。でもそれほど重くならないような雰囲気になっています。これは絵柄とは裏腹に伊藤さんの声がかわいいからなのかもしれません。なので早くも死傷者多数状態であってもサラッとした感じに流れていきました。

お話は武器商人が戦争の引き金をにぎっているかのように彼女らの行動で世界がどう動いていくのかがわかるのかもと期待させる展開が待ってそうなので期待できます。こういうテイストは少ないのでいいですね。

それとこのタイトル「ヨルムンガンド」と字面が気に入りました。原作も知らず初めて耳にする言葉だったのでインパクト大です。意味を調べたら北欧神話の蛇みたいで(wikipedia参照)けっこう使われているみたいですね。まだまだこういう予備知識が少ないため作品の隅々まで楽しめてないような気がします。これは日々勉強が必要です。

そういう意味でもこの作品はいいですね。次回も楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

ヨルムンガンド 第1話「ガンメタル・キャリコロード」

第1話「ガンメタル・キャリコロード」 スピード感のある銃撃戦がめちゃめちゃかっこいい! 両親を最新鋭の武器で殺された元少年兵のヨナ。 武器を作る者、売る者、使う者、全てを憎んでいる。 ...

ヨルムンガンド 第1話 感想「ガンメタル・キャリコロード」

ヨルムンガンドですが、元少年兵ヨナが武器商人のココ・ヘクマティアルなどと行動します。 ハードボイルドにカーチェイスなどもありますが、ココはテーブルの上を転がります。(以下に続きます)

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。