スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君と僕。2 第4話の感想

君と僕。
04 /25 2012
二段ベット。

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」の感想 です。

君と僕の挽歌(初回生産限定盤)

新品価格
¥1,365から
(2012/4/24 20:16時点)


学校では見えなかった悠太と祐希の姿。ずっと一緒だとそれはけんかもします。むしろそのほうが自然です。そしてほんときっかけは些細なことなんですよ。さすがに今回を見てると祐希の態度にはイライラするのはしょうがないような気がしますけどね。悠太はやさしいというか面倒見がいいというか祐希には甘いです。普通の兄弟なら兄のいうことは弟は大概聞くものですが、それは歳の差があるからなんですもんね。双子の場合はそうはいかないのかも。悠太の兄という役割が多少性格形成に影響を与えたのかもしれません。

そんな彼のことを一番わかってるのも祐希ではありますがなかなか謝るのも恥ずかしいものです。もちろん自由奔放にみえる彼にも回想であったように大胆で行動的であったり、悠太にはない部分が兄を助けてきています。結局二人とも仲がいいという結論なんですね。まあなんにしても仲良きことは美しきかなということで物語的にはいいものが見れました。

さて5人が揃わないと少し物足りな気がします。賑やかしの千鶴がいないと特に画面が静かですね。まあ収穫といえばこの作品のママンが総じてかわいいということぐらいですね。これは今後の見所のひとつです。

次回もたのしみですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」

『大みそか、浅羽家は大掃除でいつもより少しだけ忙しない。悠太も自分たちの部屋を掃除していたが、ぞうきんから垂れた水が祐希のマンガにかかってしまった。それが原因で口論になる悠太と祐希。しまいには、...

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」

第4話「ゆげのなかに」 1話ガッツリ双子回でした。 みんなと一緒だと分かりにくいですが、二人だとより性格の違いが分かりますね。 両親が出掛けた間悠太と祐希は家の手伝い。 まぁほとんど悠太が...

君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」

「僕たちは 生まれた時からずっと一緒に暮らしている 17年間ずっと――…」 悠太と祐希の喧嘩! 古いメモに書かれた地図、その場所に埋められていたものは…    【第4話 あらすじ】 大みそか、浅羽家...

[アニメ]君と僕。2 第4話「ゆげのなかに」

ゆげのなかに包まれた秘密。変わらない二人だけの絆を表す小さな小瓶。それが今も変わらない証となって、二人だけの秘密としていつまでも残っていくのだろう。

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。