スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第3話の感想

氷菓
05 /09 2012
おいたん。

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」の感想です。

TVアニメ 氷菓 ED主題歌

新品価格
¥1,200から
(2012/5/9 20:33時点)


赤いお鼻に、歩き方。過剰なくらいかわいく動きますね。それじゃなくてもビジュアルだけでえるも摩耶花もいい作りなだけに、彼女たちが動けばそれだけでこの作品の魅力が増えていきます。これだけの映像を見せてくれるのであればお話は単純な方がバランスがとれていいですね。実際前2話は推理というほででもなくわかりやすいものでした。

しかしここからが本題に入るようです。正直このえるの記憶は思い出す必要がない気がするは僕だけでしょうか。彼女の語りを聞くにひどくショックなことだったので忘れるようにしてる脳が働いた感じさえします。叔父が行方不明だという事実が彼女を動かしてるんだとしてもです。

まあおそらくトラウマ的な事を思い出してえるが途方に暮れるような流れはこの雰囲気からなさそうなのできっと素敵なことが隠れているんでしょう。だとしたら幼き彼女が何故あんなリアクションをとったのかは気になりますね。もちろん最近流行りのゾンビ系の流れを汲んでまさかの惨劇的な事件的だったりするのもおもしろいのですが。

次回も楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

遠垣内が何を隠しているのかと思いきや、あんなことだったとは……。 拍子抜けしましたよ。 イケメン先輩、遠垣内将司、登場。 遠垣内から文集のバックナンバーを手に入れるために追いつめて行く奉太郎。 ...

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」 レビュー・感想

あの、実は私、折木さんに頼みがあるんです! 過去に囚われて踏み出すことができないでいるえる。そんな彼女に奉太郎は・・・?

氷菓 第3話 「事情ある古典部の末裔」 感想

謎が謎を呼ぶ―

氷菓:3話感想

氷菓の感想です。 この作品の問題の大元が提示されたのかな。

氷菓 第3話「事情ある古典部の末裔」

氷菓の第3話を見ました 第3話 事情ある古典部の末裔 日曜に寝ていた奉太郎はえるからの電話で起こされて呼び出され、頼みがあると言われる。 「頼み?」 「はい。本当ならこれは私だけの問題ですか...

氷菓 第三話 事情ある古典部の末裔 レビュー 

ただならぬ雰囲気…  えるが何を言い出すかと思ったら… 私、折木さんに頼みがあるんです! まあ、そんな事だとは思ったよw 若干、拍子抜けの様子の奉太郎。 まずは話を聞いてくれませんかと言われて 断れるはずもなく、とりあえず話を聞くことに。 私には関谷純とい...

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。