スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate・Zero 2ndシーズン 第25話の感想

Fate/Zero
06 /25 2012
正義の味方になりたいんだ。

Fate・Zero 2ndシーズン 第25話 「Fate/Zero」 の感想です。

空は高く風は歌う(アニメ盤)(DVD付)

新品価格
¥1,188から
(2012/6/25 22:40時点)


希望も失い、冬木の地が朽ちるのまでも目の当たりにした切嗣には何も残らない以上の残酷な結末になりました。正義を信じて親しい人まで手に掛けた結果がこれです。都合のいい魔法も奇跡もこの世界にはなかったという厳しい現実を描いた悲しいお話。

安にハッピーエンドにするよりこのように何も遂げないまま終わる方が寂しい気持ちではありますが美しくあるとは思います。でもこの作品はほんの少しだけ光を見せるから涙線の刺激度がハンパない。切なさと嬉しさが同時にこみあげてきます。つらい悲しみが深くなればなるほど申し訳ないくらい小さな希望がより輝く様は少し某魔法少女のお話と通じるものがありますね。

毎週楽しく充実したこの3カ月を過ごさせていただきました。映像、音楽はもちろん演技の迫力にすごく圧倒された作品です。毎回映画見てるかのようでした。とりあえずすばらしい作品を提供してくださった皆様に感謝です。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

Fate/Zero 第25話「Fate/Zero」

切嗣の令呪に従いセイバーは 聖杯にエクスカリバーを放つ! ランスロットの苦悩を理解できなかった王失格の自分への罰なのか? 後悔の中、セイバーさんも消滅する結末。 群雄劇ゆえにヒロイン格のセイバーさんすらアバンで退場とはw Zeroの物語の主役は切嗣さ...

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。