スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 第10話の感想

氷菓
06 /27 2012
とくべつ。

氷菓 第10話「万人の死角」の感想です。

氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]

新品価格
¥5,341から
(2012/6/27 19:34時点)


高校入学後間もなくかわいい同級生から信頼されるわ、きれいな先輩から褒めちぎられるわで奉太郎が舞い上がるのも無理ありません。二人きりの個室で理路整然に持ち上げられた挙句、思いのほか情熱的にお願いされては断る理由が見当たりません。

それじゃなくても入須先輩のあの容姿ならお近づきになりたい男子は山ほどでしょう。はじめの印象は少し冷たくきつい感じにみえましたが頼みごとする立場をわきまえ、無理強いせず、相手の心くすぐる立ち振る舞い、今回を見るに誰もが言うことを聞いてしまうのは想像し難くはありません。さすが女帝の呼び名がついてまわることだけありますね。

そんなわけで奉太郎ががんばっちゃうわけですが、その推理が割と有名でありがちだったため、もしかして入須先輩を試してるのかと思いました。別に試す必要なんてまったくないのですけど、この回答について彼女の考えを引き出したあと何らかの動きがあると思って見続けるとそのままトントン拍子に映画は完成されてしまいました。

周りの反応は上々だけど、推理を聞いた直後の入須先輩に加え試写後の古典部の微妙な表情に見事な落とし穴が隠されていました。思わずぞくっとしたそのオチを次週どう取り返すのでしょう。私気になります。

楽しみですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

氷菓 第10話 「万人の死角」 感想

慢心にはご注意を―

氷菓 第10話「万人の死角」

入須先輩からお茶へのお誘い! (*゚∀゚)  いや本当に 和ぽいお店でのお茶でしたw お高そうなお店って 奉太郎の馴れない場所。 古典部でなく 奉太郎個人の才能に期待してる。 特別な才能だって入須先輩は 乗せてきます (´▽`*) 「あなただけ」とか?...

氷菓 第10話「万人の死角」

氷菓 限定版 第1巻 [Blu-ray]『君には技術があった、他の誰にも無い力が』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 福部里志:阪口大助 伊原摩耶花: 茅野愛衣

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第10話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第10話 「万人の死角」 #kotenbu2012 #ep10 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽しみ。 OP...

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。