スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏雪ランデブー 第3話の感想

夏雪ランデブー
07 /23 2012
笑顔へ挑戦。

夏雪ランデブー 第3話の感想です。

夏雪ランデブー 第1巻 初回限定生産版【Blu-ray】


どれだけ未練があっても当たり前なんですが、もう死んでる篤にできることといったら見守ることだけ。別に六花が葉月を嫌いならともかく受け入れ始めてる今、あがいてももがいても葉月優位の状況は変わらないのは仕方のないこと。それに加え彼の言う様に自分がダメでも次が絶対に現れるのは間違いないはずなのです。

それでもポルターガイストまで引き起こし、地に着くことのない足で足掻いているのは彼女の一人にしないでという言葉に閉じ込められた結果なので、見たくない状況を目の当たりにしてるのは少しかわいそうではあります。唯一体を借りれるという救いありますが、そんなおそろしいことを葉月が恋敵にするとは思えませんしね。このままじゃ埒が明かないので篤はまず葉月との関係に進展を求める必要があるということです。すごくむずかしいことで一番きつい作業ではありますが。

ますます積極的にいく葉月に六花は答えることはできるんでしょうか。思い出の地で決戦に挑む彼の意気込みに篤はどう出るか。

次回も楽しみですね。

ちょっと余談なんですが、この夏雪ランデブーという作品の松尾監督のお話が先週分のノイタミナラジオという番組で聞けます。この番組は声優さんだけでなく監督や脚本家などスタッフの方の製作話が聞けるので好きなのですが、特に今回の松尾監督の話はすごく面白くてアニメ好きなひとにとっては聞き応えがあると思います。興味のある方は試してみてください。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

夏雪ランデブー 第3話

夏雪ランデブー 第3話 2人きりでうれしくてつい呑み過ぎてしまった・・・ 自分は布団にぐるぐる巻きにされ、篤は玄関で寝ていた。 生前の篤は律儀な人物だったようです。紳士

夏雪ランデブー #3

熱を出して寝込んだ六花。その間にも、葉月と島尾は六花を巡って対立するのでした。これまで島尾にいろいろと邪魔されてきた葉月は、島尾に現実を突きつけます。いくら今で

夏雪ランデブー 第3話

『風邪で倒れた六花を介抱する葉月を見た島尾(幽霊)は嫉妬と無力感から、葉月に少しの間体を貸してほしいと提案。葉月は一蹴するが、島尾の姉ミホから見せられた在りし日の島尾と...

夏雪ランデブー 第3話

俺、生涯2番手でもいいんです…

夏雪ランデブー 第3話

「出てってよ 頼むから、じゃないと僕  いつか本当に 君のこと殺すような気がする」 六花を取られたくないと ついに怪奇現象まで引き起こす篤 協力すると言う亮介に 体を貸して欲

夏雪ランデブー 第3話 因みにミホって結婚してるの?

六花はよく泣くね。元々涙もろいのか、それとも篤の死後に泣き上戸になったのか。昔も酔いつぶれて泣いたりしてたみたいなので前者かな。 でも同じ花やしきでデートに誘うってどう

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。