スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第2話の感想

アニメ感想
04 /14 2010


やはりOPとEDが加わると締まりますね。そんなエンジェルビーツ第2話の感想です。



全体的にまだまだギャグテイストが多い気がしますが、前回より見やすくなっているような気がします。



そんな中ゆりの悲惨な過去の描写がありましたが、この雰囲気の中でそのエピソード挟んでくるのは対比が効いて際立っていました。



確かに引き立ってはいたんですが、なぜかちょっと違和感というか、すんなり入ってこないような感覚を抱いてしまいました。

というのも、このゆりの過去エピソード自体が結構淡白に描かれていてすんなり終わったというのが大きいような気がします。



これは尺の関係上時間をかけられないのかも知れないんだけど。



またゆりと音無が目的地に到達するまでの仲間の死が(実際は死んでいるので本当の死ではないんだけど)あまりに面白く簡単に映し出されていたので、実際の死というものがあまり悲惨さを伴うことなく、むしろ歓楽的な感じがしてすんなりと感情移入できなかったのかなとも思ったりしています。

ゆりの天使に抗う理由がこの悲惨な過去にあるというのには納得しましたけど。



でもまあ新たな情報を加えつつ、画は相変わらずきれいだし(特にOPとEDはいいね)先が気になる展開というのはいいですね。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。