スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第4話の感想

アニメ感想
04 /26 2010


日向とユイ掛け合いが非常に心地よかったエンジェルビーツ第4話の感想です。



今回は日向退場へ流れと見せつつ、実はユイのキャラ紹介プラスギャグ回というような感じでした。さすがに続けて岩沢さんのときと同じように満足して消えたりする展開にはしませんでしたね。

これで各回でそれぞれの過去の記憶エピソードを行い、次々にメンバーが消えていくということはなくなったのかな。

となると前回の岩沢さん退場はゆい登場を引き立てるための前フリと新たな新情報付与の話だったんでしょう。

まあ、だとしてもきれいにまとまっていて、あれはあれで良かったんですけど。

そんな満を持して登場なゆいなんですけど、かなり好みのキャラではあります。はじけぐあいが特にいい感じで、彼女がいると一気に話のテンポが良くなりますね。



またその一方で日向の消失を現実的に阻止したのはユイということなのでかなり意味がありそうな気がします。

他の方の記事など拝見していると、姿や立ち位置的に重要な役割を担っているキャラっぽいので、今後このノリから一転シリアスな表情など見せてくれるのか、それともこんな感じのままなのか彼女の役割とその描写にも注目です。



これからある程度他のキャラの掘り下げ、つまり過去の記憶についてのエピソードを中盤まで持ってくるような気はしますが、まだまだどのような着地点にもっていくのか見えませんね。



あと個人的にはOPは曲は天使アレンジの方が好きです。作品の雰囲気にもそちらの方が合ってるような気がします。



ただ画に関しては今回のほうがかわいかったかな。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。