スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第6話の感想

アニメ感想
05 /12 2010
ようやく動きを見せ始めたエンジェルビーツ第6話の感想です。

とりあえず普通に天使の動きがかわいかったことはさておき、生徒会長代理直井の強行手段にSSSメンバーがけっこうあっさり倒れていきました。



彼もまたゆりと同じくこの世界で自分が神になろうとするものでした。まあゆりの場合は神に抗い消えるのを防ぐためにしているんですけど、神を倒すといっているので実質的には同じことかなとも思えます。



直井の場合は以前から天使の失脚を見越していろいろ準備していて、この時を待っていたみたいです。



まあ、NPCに攻撃できないとか今までの話でいってたっけとか思ったりもしましたけど、シリアスシーンににもっていくにはいきなりな感じはどうしても出ているような気がします。直井の過去の記憶や音無の説得シーンなどはそれほど目新しい感じではなく、唐突感もあっったせいか期待値が高い作品としては少し物足りない感じがしてしまいました。彼自体は今回の話でお役ごめんな感じですけど、直井みたいな存在はイレギュラーなのかとか、まだまだ分からないとこが多いので、やはりこの世界成り立ち、この物語の主題部分が明かされないかぎりと何ら分からないということになりますね。そこが狙いのなのかなとも思いますけど。



次回この作品の主要部分が明かされる見たいなのでそこで今までの回の役割や意味が分かると思います。



注目です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村





人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。