スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Angel Beats! 第9話の感想

アニメ感想
06 /01 2010
ようやくこの作品の終着点が見えてきたエンジェルビーツ第9話の感想です。



すべてはなんら情報がない状態でこの世界へと送られたゆりたちが、消えることに対して悪ととらえたことがことのはじまりのようです。

今まで僕たち視聴者が見ているのとほとんど変わらない情報しかゆりたちはもってなかったんでしょう。

だから自分たちの考えが正しいのかどうかを検証するために組織を作りいろんな作戦をやってきたんだと思います。



かなでの言葉からすると、この世界は一般的に理不尽と言われる事情で学生生活を満足に送れずに命を落とした者たちが、生前成し遂げたかった思いを何らかの形で成就させることで、新しい世界へと旅立たせるための一時的な停留所のようなものみたいですね。



そしておそらくゆりはもう気づいてるかも知れません。消えることや天使、そしてこの世界がおおよそどんなものなのかを。



まあそんな感じの様子が今まで何回か出てきたのですが、ゆりの立場とすれば自分の考えが正しい可能性が1%でもある限り、天使に抗い続けたいと思っていたんでしょう。じゃないと自分がこの世界に送られた意味はない、天使に打ち勝つことで生きてたときの自分の無力に抗いたいと考えたんだと思います。



音無の過去がすべて明らかになったことをきっかけに、音無とかなでが強力してSSSメンバーたち(特にゆり)の悲惨な思いをどのように遂げさせるのか。ここの描き方がこの作品の一番の見せ場だと思います。残りも少なくなってきたことですし、これから盛り上げるために、もうひと山くらいありそうですね。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村



人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。