スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第1話の感想

神のみぞ知るセカイ
10 /07 2010
「リアルなんてクソゲ―だ」またここに名言が1つ生まれた神のみぞ知るセカイ第1話の感想です。



1話ごとにヒロインが変わる展開だったら、今回を見る限りちょっと落とすための時間が短い気がしますが、けっこうおもしろかったです。



やはり主人公の落とし神の異名はだてじゃない。ギャルゲで培った継続力、洞察力を駆使してリアルな女子のハートを掴んでしまいました。



普通にリボンの伏線は良くできていたなと思います。



とはいってもこれらはすべて2次元の中の出来事なんですが、クソゲ―と言われる現実でも、継続してマメなことや、小さな変化に気づく洞察力などは武器になる可能性は大いにあります。しかしながら、なかなかそう上手くはいきませんよね。

リアルな恋愛もギャルゲーのように楽しめたらそれはいいんでしょうけど、現実はあまりにきびしく、切ないものなので、このような2次元創作物が受け入れられているんでしょう。



突然悪魔と契約した主人公ですが、実は彼にとってはリアル女子も悪くないと知らせる天使のような存在になるかもしれませんね。まあ、あの声と容姿ならどちらでもいいか。



とりあえず好スタート切ったといっていいでしょう。次回も期待です。



神のみぞ知るセカイ―神と悪魔と天使 (ガガガ文庫 あ 4-1)
神のみぞ知るセカイ―神と悪魔と天使 (ガガガ文庫 あ 4-1)
クチコミを見る






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。