スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻ってる 第1話の感想

アニメ感想
10 /08 2010
キャラの濃さ、声優の演技、話の展開、まさに至福のアニメになりそうな予感が漂っているそれでも町は廻ってる第1話の感想です。



予備知識はまったくなかったけど、シャフトということで勝手に期待してたんですが、これは期待通りかなりおもしろかったです。メイドカフェとは名ばかりの喫茶店を舞台にしたコメディ調の作品のみたいで、一癖も二癖もありそうなキャラが織りなす掛け合いが絶妙でした。荒川UBといい、このような癖のある作品だと、独特のカメラアングルだったり、演出だったり、シュールなギャグだったりは、さほど気にならず、むしろおもしろさを引き立たせるように感じて、キャラの魅力を非常にうまく魅せてくれるように思えます。

まだまだ癖のありそうなキャラも残ってそうですし、こんな感じで続いていけばかなり楽しめそうな気がしています。



さて今回の話で1番の被害者である真田君。確かにあんな喫茶店でも好きな子と二人になれる店はまさに至福の空間だったのてしょう。せっかくの楽しみを奪われてしまった彼が再びこの店に来ることはあるんでしょうか。コメディ一直線でもいいんですけど、真田に好意を寄せてそうな辰野さんを絡めてラブコメ展開にも期待したいです。



それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 1 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。