スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録II  第1話の感想

とある魔術の禁書目録II 
10 /09 2010
これは1期を超えるクオリティを期待せずにはいられない「とある魔術の禁書目録II」第1話の感想です。



時系列的には前期18話後の夏休み最終日の話みたいです。お決まりの上条さんナレーションで幕をあけた今回なんですが、あれあれなんか確実に前よりおもしろくなってないかい。レールガンの初回を見習ったのか禁書目録はこんな感じのアニメですよ、というのがこの初回を見ればだいたいわかってしまう構成になっているように感じました。



1話完結型のエピソードを初回に持ってきことで、前期を見た人はもちろん、初めて見る人も細かい設定は置いといて、ある程度わかりやすく単純に楽しめたのではないでしょうか。



ひとつ気になった点といえば今期の美琴はもしかしてデレ中心でいくの、ということぐらいかな。



かなり出足好調な気がする禁書目録。初回ということで上条さんの説教もあっさりめに抑えてましたが、今後ますます熱く、うざく、厨二的になっていくのに期待できますし、相変わらず安定したさらわれヒロインの健在や姫神の空気な感じなどは引き続き楽しめそうです。



ただ前期は各エピソードごとになんかぶった切った感が出ていて、まとまりがなかったような気がしますので、その点今期は統一感を出して物語を進めていってほしいです。



新キャラも続々登場してきそうですし、この安心感はやはり今期の1番の注目作といっていいでしょう。



次回も楽しみ?です。



とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス)
とある魔術の禁書目録(インデックス) 1 (ガンガンコミックス)
クチコミを見る






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。