スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そらのおとしものフォルテ 第2話の感想

アニメ感想
10 /10 2010
早くもやってくれました。新たな伝説が生まれたそらのおとしものフォルテ第2話の感想です。



冒頭のニンフやイカロスとのやりとりに、これまでと違い智樹さんの智樹さんが元気の良い返事をしたことに戸惑っているようです。今までいくらエンジェロイドだからといってあんな格好で家の中をうろつかれても、呼ばれなかったこと自体が不思議なのですが、これは彼女たちとの距離が1期より確実に縮まったことを意味してたりしてるんでしょうか。



そんなエンジェロイドに欲望したことに危機感を感じたのか智樹さんは寺に煩悩除去の修行にでるのでありました。



ここから前回格好よく登場した新キャラ、アストレラ登場です。しかしなんとも残念な仕様になっていて学習機能が低いようです。案の定排除対象に近づこうと試みますが、いかんせんアホの子なので煩悩除去に失敗した智樹さんの餌食になってしまいした。



というわけで意外にあっさりというか普通になじんだアストレラですが、目的は智樹の排除なのです。その辺の事情を再起動する際にシリアス担当の英四朗に聞かれたしまいましたが、そのことが今後どのように影響するかも気になりはします。しかしこちらの謎はおまけ程度に止めておいても今はいい気がします。



これくらい突き抜けてバカやっていればそれだけでおなかいっぱいです。



きちんと1人ずつ3人分やって落ちをソハラにもってきた竹やぶでのシチュエーションコントやエロ本御輿もエロ本祭りのED、終始呼ばれていた智樹さんの智樹さん、非常にブレなくてすばらしい熱意を感じます。毎回この完成度を続けるのは難しいと思いますが、ぜひとも続けていただきたい。期待しています。



最後にまたここに生まれてしまった名言を1つ「そこにおっぱいがあるんならいいんじゃねぇ」



そらのおとしもの (6) (角川コミックス・エース 126-11)
そらのおとしもの (6) (角川コミックス・エース 126-11)
クチコミを見る






にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。