スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話の感想

俺の妹がこんなに可愛いわけがない
10 /11 2010
京介の半分はやさしさでできていると思わせるぐらいの妹思いのいい兄だとつくづく感じる、俺の妹がこんなに可愛いわけがない第2話の感想です。



それにしてもさすがに妹の趣味に付き合うのがいやになってきた京介は、同じ趣味をを持つ友達を作っていみてはどうかと提案します。そして桐乃はオフ会に参加するのですが、なじめないまま終了してしまいました。結局はそのことを察した主催者の沙織さんが同じくなじめなかった黒猫を誘って2次会と称して救いの手を差し伸べることに。ここでようやく桐乃も黒猫というアニメを語れる友達?ができました。



相変わらず桐乃の態度はいかがものかと思うんですけど、それを怒りもせず上手く相手をしてやる京介に感心します。かなり大人ですね。もう桐乃のツンデレより、京介の懐の深さに萌えてしまいそうになってしまいます。物語の方向性としては桐乃と京介がオタクというものを通してできた関係性の変化を描くことが主軸になると考えていいのかな。それとも今回出てきた新キャラ黒猫たちとの打ち解ける様子なのか。まあそれくらいしかこのほかには思いつかないんだけどね。



それにしても黒猫はいいキャラですね。見た目もそうですが、低い抑えた声と中二的言動。やはり彼女が好きな作品のようにアニメは中二的でいいんです。実際にあんなセリフを使うかどうかは別ですよ。リアルを求める物もそれはそれでありなんですが、現実にないものを楽しめるからおもしろいんだと思います。黒猫と桐乃の好きな作品は真逆のようですが、お互いの作品をけなすのではなく、いいところを教えあえば、基本似た者同士みたいなので、すぐ仲良くなれそうな気がしますが。



さてタイプの違うツンデレ2人みなさんはどちらがお好みでしょうか。自分は黒猫です。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2 (電撃コミックス)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2 (電撃コミックス)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。