スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻ってる 第2話の感想

アニメ感想
10 /15 2010
前回の説教で先生に恋をしたのかと思いきや、歩鳥にはこちら展開は期待できなさそうですね。それでも町は廻ってる第2話の感想です。



なかなかいいキャラをしてますね。こんな感じのアホの子は好きです。確かに微分積分とセブンイレブン響きはそっくりです。このような発想をできるのがうらやましくも思います。彼女の突拍子な行動に商店街の人々が振り回され、突っ込みを入れ物語が進んでいくんでしょう。あんな子でもいつかは遠くに嫁に行くという言葉には彼女がこの町で愛されていることを感じます。手のかかる子ほどかわいいというやつですかね。



新キャラのめがねポリス略してメガポリとの絡みが特によかったですが、なかなかこの作品は感想を書くのが難しい気がするのは自分だけかな。



とりあえずはアホの子なのに、なぜジャロを知ってる。でも「ジャロに怒られない」のとこが一番かわいく聞こえたそんな回でした。



妙に納得してしまう格言めいたナレーションにも注目です。



それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 7 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。