スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神のみぞ知るセカイ 第3話の感想

神のみぞ知るセカイ
10 /21 2010
お嬢様を演じ続けることは、父の存在を忘れないための予防線だったんですね。神のみぞ知るセカイ第3話の感想です。



今回のヒロイン攻略のポイントは秘密の共有に送り迎えということで、桂馬って実は忍耐強く、相手の気持ちを理解する力がすごいんですね。最初の告白から毎日自分のために送迎をしてくれる。相手としてはそれは悪い気がしないでしょう。まして自分のついてる嘘についても突っ込んでかない。彼女の秘密にここまで乗っかってくれてるんですから、親しくなるのも時間の問題でした。



最後はやはり、彼女を現実を見つめさせること。父親のの死を受け入れ、その上で自分の人生を歩んでほしいという具合に告白。彼女も父の存在が次第に心の中から消えていくのが怖くて戸惑っていましたが、最後は意外にも強引にフィニッシュ。このように見ればまさにギャルゲーのごとくヒロインのこころを掴んでしまいました。というかもともと桂馬さんは外見イケメンなのでギャルゲで培ったテクを使えばけっこう簡単にことは進んでしまうような気がします。唯一の弱点は直接攻撃か。手を取るときの2人表情は良かった。



そんなわけで早くも2人攻略しましたが、話に全然絡んでこないエルシィに一番目が行ってしまうのは、なぜでしょう。あの空気をよんでない「私もドレスが着たいです」はかわいかった。



神のみぞ知るセカイ 2 (少年サンデーコミックス)
神のみぞ知るセカイ 2 (少年サンデーコミックス)
クチコミを見る




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うーさん。

ここ最近アニメにはまった会社員。
とりとめのない文章を書きなぐっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。